関西生コン労働組合の弾圧を許さない東京の会
     (略称:関生支援東京の会)


 入会案内

 

 


 通信 第1号

 

 

 

 


 「関生支援東京の会」を結成 ストライキうてる労組の復権を

    ツイッター 「労働組合・東京西部ユニオン」より

 「空前の労働組合弾圧をうち破ろう!」 3月15日「関西生コン労働組合の弾圧を許さない東京の会」結成集会

 共同代表の金元重さん開会挨拶「東京の地で労働組合が主体の関生支援の波をつくりたい」。関生支部の仲間が「労働者の要求をストライキで実現しよう。現場から行動に。これが関生への最大の支援」と。

 熊沢誠さん40分ビデオ講演。なぜ関生支部が狙われたか、労働者にとって真の民主主義とは、この危機に「護憲派」はあまりにも鈍感、と弾圧の本質を解明。改憲阻止の為にも弾圧粉砕が喫緊の課題と強調。

 共同代表の木下武男さん、関生型労働運動を全国にと熊沢講演を解説、共同代表の藤田正人弁護士、「棘」の杉浦監督、評伝「棘男」著者平林猛さん、動労千葉、医療福祉労働者が発言。鈴コン分会の吉本書記長は、関生支部のような闘う労働組合をつくることを訴え。共同代表の花輪さんの音頭で締めくくった。